このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  健康づくり >  健康情報



ここから本文です。

健康情報

健康づくりの講座や教室

岡山市では生活習慣病の予防や健康づくりを目的とした各種教室や講演会を行っています。

詳細は、地区回覧、市広報誌「市民のひろば おかやま」等で随時お知らせします。
ぜひ、ご参加ください。



健康づくり教室

生活習慣病の予防や健康づくりに関する正しい知識の普及を目的とした教室を開催しています。

◎高血圧予防教室
◎糖尿病予防教室
◎歯周疾患健康教育
◎骨粗しょう症(転倒予防)健康教育
◎がん予防重点健康教育

*実施日や内容については地区回覧、広報誌「市民のひろばおかやま」、各保健センターでご確認ください。

 

健康に関する情報

COPDを知っていますか?

 COPD(シー・オー・ピー・ディー:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)「慢性閉塞性肺疾患」は、肺気腫や慢性気管支炎など進行性の炎症により気道がふさがる状態になる病気の総称で、主な原因は喫煙です。慢性の咳、痰や運動時の呼吸困難などの症状が出現し、治療せずに放置すると呼吸不全に至ることがあります。日本では高齢者の増加に伴い、今後、患者数はさらに増えると予想されています。

CKDを防ごう!

庁舎懸垂幕
市庁舎への懸垂幕掲示

 CKD(シーケーディー:Chronic Kidney Disease)「慢性腎臓病」とは、自覚症状がないまま、徐々に腎臓の機能が低下していく病気のことです。CKDになると、脳卒中や心臓病を起こす危険性が約3倍高まるといわれています。また、悪化すると、腎不全を引き起こし、人工透析や腎臓移植が必要になる場合もあります。
 CKDは早期発見、早期治療が重要で、年に一度は健診をうけて血液検査や尿検査で腎臓の働き具合を確認することが大切です。
 岡山市ではCKDの周知を図り早期発見を呼びかける取り組みとして、毎年3月第2木曜日の「世界腎臓デー」に合わせて市庁舎への懸垂幕掲示や街頭での啓発イベントを開催するなど、様々な機会を通じて普及啓発を行っています。


ピロリ菌について

胃

 近年、胃の粘膜にすみつくピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ Helicobacter pylori )が、胃がんや胃潰瘍・十二指腸潰瘍の大きな原因であることが分かってきました。多くの人は子どもの頃にピロリ菌に感染したとされ、60歳以上の日本人では感染率が高くなっています。
 ピロリ菌の除菌治療については、早期胃がんや胃潰瘍の場合のみ保険適応となっていましたが、平成25年2月からは、内視鏡検査により「胃炎」と確定診断がなされた人にも適応されることになりました。
 胃炎などを繰り返す方は、かかりつけ医に相談してみましょう。
 


がんに関する情報

がんに関する知識・がん相談に関する情報は、岡山県のがん情報を発信するサポートサイト
「岡山県がん患者支援情報提供サイト」をご覧ください。

関連情報

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所健康づくり課 健康増進係
電話:086-803-1263 ファクス:086-803-1758
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。