このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 出産・子育て >  妊婦健診 >  県外の医療機関・助産所で妊婦健診を受診する場合



ここから本文です。

県外の医療機関・助産所で妊婦健診を受診する場合

県外の医療機関・助産所で妊婦健診を受診する方へ

里帰り出産等で、県外の医療機関・助産所で妊婦健診を受診する場合、健診料を自己負担した後、岡山市へ後日申請することにより一定額の助成を受けることができます。なお、妊婦・パートナー歯科健康診査は岡山市内の指定歯科医療機関でのみ受診可能で、乳児健診についても岡山県内の医療機関のみで受診可能です。

受診の費用はお支払いください

県外の医療機関・助産所で妊婦健診を受けた場合、受診料を支払って領収書・明細書を保管しておいてください。 また、受診票と親子手帳(母子健康手帳)に、その日の健診結果等を記入してもらってください。

※平成30年4月1日受診分から、県外用への受診票の交換手続きが不要になりました。 受診票つづりの受診票に健診結果等を記入してもらってください。(交換が必要と書いてある旧受診票をお持ちの方も、交換せずに使用できます。また、既に県外用に交換済みの場合は、そのまま使用してください。)  

妊婦健診の償還払申請をしてください

妊婦健診終了後、償還払いの申請をしてください。
後日指定された口座へ助成費用を振り込みます。
ただし、領収金額のうち、各健診で定めている上限額までの助成となります。
(医療保険の適用された費用や文書料・CD代等は、助成の対象にはなりません。)

※申請窓口
おかやま産前産後相談ステーション、保健所健康づくり課、各保健センター

※必要なもの
・妊婦健診受診票(妊婦一般健康診査依頼票)等
・領収書
・明細書
・みとめ印
・振込先通帳(振込口座が確認できるもの)
・岡山市妊婦一般健康診査 償還払申請書
・親子手帳(コピーをとらせていただきます。)

※申請期間
最後の妊婦健診受診後、すみやかに必要書類を用意して申請してください。
受診日(費用を支払った日)から3年経過したものについては請求できませんので、ご注意ください。
 
※ 申請書のダウンロード

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所 健康づくり課 母子歯科保健係
電話:086-803-1264 ファクス:086-803-1758
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。