このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  介護保険制度 >  第三者行為を原因とする介護サービス利用について



ここから本文です。

第三者行為を原因とする介護サービス利用について

 交通事故など、他人(第三者)からの不法行為により被害を受け、介護が必要になった場合、その介護にかかる費用は第三者が負担するのが原則です。しかし、損害賠償の手続き等に時間を要することもあり、一時的に介護保険で保険者負担額の保険給付を行い、後日、被害者に代わって、保険者(岡山市)が第三者に対して保険者負担額の請求を行います。(損害賠償請求権の代位取得)
 そのため、交通事故で他人(第三者)から被害を受けたことが原因で、介護保険サービスが必要になった場合、岡山市介護保険課へ届け出る義務が生じます。

介護保険法施行規則改正

平成28年4月1日より、第三者行為により介護保険給付を受ける場合、第一号被保険者は保険者への届け出が義務となりました。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局介護保険課 資格給付係
電話:086-803-1241 ファクス:086-803-1869
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。