このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  けが・病気 >  浸水した家屋等の衛生対策



ここから本文です。

浸水した家屋等の衛生対策

 家屋が浸水すると、細菌やカビが繁殖しやすくなり、食中毒や感染症にかかるおそれがあります。通常は、水道水による洗浄と乾燥させる対応で十分ですが、下水道から逆流した汚水が混入しているおそれがある場合は、消毒が必要となることがあります。
 床下・床上浸水した場合で、家屋周囲の消毒を希望される方は、町内会で取りまとめ、各区役所地域整備課等へご連絡ください。
 詳しくは、下記のファイルをご覧ください。

消毒薬の取扱いについて

 家屋消毒に使用した薬剤の残りは、ペットボトル等へ移し替えないでください。  誤飲による事故の恐れがあり、大変危険です!!

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所 保健課 感染症対策係
電話:086-803-1262 ファクス:086-803-1337
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。