このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  特定医療費(指定難病)助成制度における指定医について



ここから本文です。

特定医療費(指定難病)助成制度における指定医について

 難病法に基づく特定医療費の支給に関する事務のうち、岡山市の区域内で実施されるものにつきましては、平成30年4月1日から岡山市に権限が移譲され、主たる勤務先の所在地が岡山市内の医療機関である医師は岡山市が指定することになりました。
 平成30年3月31日までに岡山県が指定した指定医については、平成30年4月1日以降、岡山市が指定したものとみなされます。平成30年4月1日以降の更新、変更、辞退の申請先は岡山市となりますのでご注意ください。

難病法に基づく制度では、医療費助成の申請を行う際に必要な診断書としての「臨床調査個人票」(以下「個人票」という。)の作成は、指定した医師が行うこととなります。
 指定医には、「難病指定医」と「協力難病指定医」の2種類が設けられており、それぞれの役割は次のとおりです。
・難病指定医  :新規及び更新の支給認定のための個人票の作成が可能
・協力難病指定医:更新の支給認定のための個人票の作成のみ可能
(注1)医療費助成の対象となる特定医療は、指定医療機関の医師であれば指定医でなくても行えます。
(注2)指定医による個人票の記載は、専門分野に限定されるものではありません。

申請をするときの個人票を書くことができる岡山市内の指定医一覧

○新規、更新申請の個人票を書くことができる指定医一覧

岡山市分の指定医の一覧表です。市外分は岡山県のホームページをご覧ください。

○更新申請の個人票を書くことができる協力難病指定医一覧

岡山市分の協力難病指定医の一覧表です。市外分については、岡山県ホームページでご確認下さい。

指定の要件

○難病指定医
  次のア、イのいずれかの要件を満たせば、難病指定医として申請することができます。
 
 ア 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、申請時点において、厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有していること。
 イ 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、都道府県が実施する研修を修了していること。
 
○協力難病指定医
  診断又は治療に5年以上従事した経験があり、次のテキストを確認し、質問に回答すること。

様式集

次の書類をダウンロードし、必要事項を記載の上、保健管理課まで提出してください。

難病指定医研修

2019年度難病指定医研修を2019年6月30日(日)に開催いたします。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局 保健福祉部 保健管理課 管理・予防係
電話:086-803-1251 ファクス:086-803-1756
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。