このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  健康づくり >  健幸ポイントプロジェクト



ここから本文です。

健幸ポイントプロジェクト

平成29年度~平成30年度 『岡山丸ごと!健幸ポイントプロジェクト』(参加者募集終了)

概要

 健康で幸せな毎日を長く続けていただくために、皆様の健康づくり活動を応援するプロジェクトです。日々の歩数、指定の運動講座・イベント参加や健康診断受診等によりポイントが貯まります。

実施期間:平成29年10月~平成31月3月
参加募集:平成29年7月~8月(平成30年度募集はありません。)
定   員:5,000名
        ●個人参加:岡山市に住民票がある35歳以上の方
        ●法人参加:岡山市内事業所にお勤めの35歳以上の方
          ※昭和58年3月31日以前に生まれた方
使用機器:活動量計(AM-150)、スマートフォンアプリ(HealthPlanet Walk)

【ポイントの種類】
(1)歩数関連ポイント(日々の歩数)
(2)お出かけポイント(指定の運動講座・イベント参加)
(3)健診ポイント(指定の健康診断受診等)
(4)健康機器計測ポイント(指定の体組成計・血圧計での計測)
(5)健康食喫食ポイント(淳風会タニタ食堂での喫食)

【見える化ツール】
 参加者の方は、WEBサイト「からだカルテ」(下記リンク先参照)から歩数や獲得ポイント等がご覧いただけます。閲覧する際は、参加確定通知書に記載のIDとパスワードが必要です。

参加者へのお知らせ

≪平成30年6月14日(木)≫
・「平成30年度参加手引き」に掲載している「お出かけポイント対象」(参加手引きP12)に西大寺ふれあいセンター、南ふれあいセンターの講座が追加になりました。詳しくは下記「お出かけポイント対象一覧(上半期分)追加版」をご覧ください。



<<平成30年5月31日(木)>>
・平成30年3月分の歩数ポイントを5月29日(火)に一括付与しました。ポイント数はWEBサイト「からだカルテ」でご確認ください。
※WEBサイト「からだカルテ」>現在のポイント>ポイント獲得履歴>「歩数ポイント(平成30年3月分)」


<<平成30年5月28日(月)>>
・【重要】平成29年度のポイントを楽天Edyと交換された方は、下記の方法で受取操作を行ってください。受取には期限がありますので、早めの操作をお願いします。

○Edyギフトの受取方法はこちら

≪平成30年4月16日(月)≫
・平成29年度分の健幸ポイントは3月中に景品との交換を行いました。C.楽天Edy、D.たまルンポイントは残高等でご確認ください。また、皆様から「心豊かな岡山っ子応援団」への寄付金額は合計777,516円となりました。下記「心豊かな岡山っ子応援団」のチラシ(裏面)にて紹介して頂いています。
※現在、WEBサイト「からだカルテ」又はローソンLoppiで表示されているポイントは平成29年度分が含まれています。今月中には平成29年度分のポイントを差し引く処理が完了します。

・「平成30年度参加手引き」が完成しましたので上記の概要欄に掲載しました。参加者の皆様へは普通郵便にてお送りする予定です(平成30年4月18日(水)発送予定)。
※上記「平成30年度参加手引き」に掲載している「お出かけポイント対象」(参加手引きP12)に操南公民館、高島公民館の講座が追加になりました。詳しくは下記「お出かけポイント対象一覧(上半期分)追加版」をご覧ください。

≪平成30年3月27日(火)≫
・参加規約を一部改正します。詳細は下記ファイルをご覧ください。
・平成30年4月1日(日)から2年目がスタートします。詳細は4月下旬送付予定の平成30年度版「参加手引き」をご確認ください。

平成26年度~平成28年度 『健幸ポイントプロジェクト』(終了)

 健幸ポイントプロジェクトは、市民のみなさんが行う健康づくりを応援する制度です。
 日々のウォーキング、市の運動教室やフィットネスクラブ等の利用、特定健診の受診など、健康づくりに関する取り組みを実践することで、健幸ポイントがもらえます。
 健幸ポイントは、「商品券」や「Pontaポイント」と交換できます。

 ※平成29年3月事業終了
  全国6市(浦安市、大田原市、岡山市、高石市、伊達市、見附市)が参加していました。

取組状況・2年後の成果

参加者の方の取組状況や、参加2年後の健康状態の変化などについて報告します。
主には、肥満度を表すBMIの減少やメタボ該当者の減少など、良い結果がでています。
<概要>

  • 事業開始後に1日の歩数が2,000歩以上増加し、18ヶ月後も維持されています。
  • 事業参加時のBMIが25以上の肥満者のうち、30%が18ヶ月後には標準体重に改善しました。
  • 事業参加前の健康診断において、メタボリックシンドローム又はその予備群と診断されていた方のうち、39%が2年後の健康診断ではメタボ非該当に改善しました。
  • 参加者と非参加者について、事業開始前の平成25年度から事業開始後の平成27年度にかけての1人あたりの年間医療費の伸びを比較したところ、4.1万円の抑制効果がありました。

     ※筑波大学久野研究室によるデータ分析結果です。

参加者

【参加者数】 4,431人(H26年度当初登録者 3,431人、H27年度追加登録者 1,000人)
【性   別】 男性:39% 女性:61%
【年   代】 40歳代:23% 50歳代:20% 60歳代:30% 70歳代:24% 80歳以上:3%
【運動状況】 

  • スポーツ無関心層:20%(過去5年間に自治体・民間の運動教室、スポーツの参加経験がなく、国の推奨活動量(8,000歩/日)を満たしていない者)
  • スポーツ不十分層:54%(過去5年間に自治体・民間の運動教室、スポーツの参加経験があるが、国の推奨活動量(8,000歩/日)を満たしていない者)
  • スポーツ実施層  :26%(国の推奨活動量(8,000歩/日)を満たしている者)

歩数の変化

 参加者のBMIの平均値が参加時22.9から、18ヶ月後には22.4に減少しました。  参加時のBMIが25.0以上の肥満者のうち、30%が18ヶ月後に普通体重(BMI 18.5~24.9)に改善しました。

歩数の変化

肥満者の減少

 参加者のBMIの平均値が参加時22.9から、18ヶ月後には22.4に減少しました。  参加時のBMIが25.0以上の肥満者のうち、30%が18ヶ月後に普通体重(BMI 18.5~24.9)に改善しました。

肥満者の減少

メタボ該当者の減少

 平成26年度健診結果でメタボ該当・メタボ予備軍であった者のうち、39%が平成27年度健診結果においてメタボ非該当に改善し、平成28年度も同数が非該当を維持されています。

メタボ該当者の減少

医療費の抑制効果

 参加群における一人当たり総医療費増加額は8.1万円であり、対照群(非参加者)においての総医療費増加額12.2万円と比較しての医療費抑制額は4.1万円でした。

医療費の抑制効果

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局 保健福祉部 保健管理課 健康寿命延伸室
電話:086-803-1250 ファクス:086-803-1756
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。