このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  小児慢性特定疾病医療費助成における指定医について



ここから本文です。

小児慢性特定疾病医療費助成における指定医について

小児慢性特定疾病指定医の指定状況

岡山市における小児慢性特定疾病指定医は、次の一覧のとおりです。

小児慢性特定疾病の指定医について

小児慢性特定疾病医療費支給の新規申請及び更新手続きの際に必要な医療意見書(診断書)の作成は、平成27年1月1日以降は、市長の指定を受けた医師に限って行うことができます。

 ※医療費支給の対象となる小児慢性特定疾病医療支援は、指定医療機関の医師であれば、指定医の指定がなくても行えます。

  1 指定の要件
 下記のア、イいずれかの要件を満たせば、指定医として申請することができます。

 ア 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、申請時点において、厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有していること。

 イ 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、都道府県・政令指定都市・中核市(以下、「都道府県等」という)が実施する研修(1日~2日程度の予定)を修了していること。

2 指定医の役割
 ・小児慢性特定疾病の医療費助成の支給認定申請に必要な医療意見書(診断書)を作成すること。
 ・患者データ(医療意見書の内容)を登録管理システムに登録すること。
  (登録管理システムは厚生労働省が開発中のもので、指定医の指定後、ログインIDとパスワードが交付されます。)

 ※各疾病ごとの医療意見書の様式は下記のホームページに掲載されていますので、必要に応じてダウンロードして作成していただきます。

申請の方法

下記の書類を岡山市へ提出してください。

  ・ 医師免許証の写し
  ・ 専門医資格を証明する書面の写し(専門医で申請する場合のみ)
  ・ 指定医育成研修の修了を証明する書面の写し(研修修了後に申請する場合のみ)

<申請先>(郵送又は直接持参してください。)
 〒700-8546
  岡山市北区鹿田町一丁目1-1
  岡山市保健福祉局保健管理課 管理・予防係宛

・ 指定医は、勤務をしている医療機関の所在地ごとに申請が必要になります。
・ 倉敷市に所在地がある医療機関に勤務している場合は倉敷市に、岡山市及び倉敷市以外に所在地がある医療機関に勤務している場合は岡山県に申請してください。
・ 指定医として指定された場合は、後日、指定通知が送付されます。また、岡山市のホームページにおいて指定医の氏名、勤務先の医療機関名、担当する診療科名等を公表します。

指定の更新申請、変更及び辞退の届出

(指定の更新申請)

5年毎に指定の更新申請が必要になります。
岡山市へ更新の申請がない場合、その期間の経過によって指定の効力を失います。

(変更の届出)

下記に掲げる事項に変更があったときは、変更のあった事項及びその年月日を、岡山市長に速やかに届け出てください。
 (1) 氏名、居住地(住所)、生年月日、連絡先(電話番号)、医籍の登録番号及び登録年月日、担当する診療科名
 (2) 診断書の作成を行おうとする医療機関の名称及び所在地

(辞退の届出)

指定医は、60日以上の予告期間を経て、指定医の指定を辞退することができます。
指定を辞退しようとするときは、岡山市長に指定医の辞退を届け出てください。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局保健管理課 管理・予防係
電話:086-803-1251 ファクス:086-803-1756
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。