このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  生活衛生(イベント・環境・食品・動物・薬務) >  食品衛生関係 >  食品中の放射性物質の規格基準の設定について



ここから本文です。

食品中の放射性物質の規格基準の設定について

食品中の放射性物質の規格基準の設定について

食品中の放射性物質の規格基準の設定について

概要  
 平成23年3月の東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故を受けて、厚生労働省は食品の安全性を確保する観点から、食品中の放射性物質の暫定規制値を設定し、これを上回る食品は食品衛生法第6条第2号に該当するものとして、食用に供されることがないように取り扱ってきたところです。 暫定規制値に適合している食品については、健康への影響はないと一般的に評価され、安全は確保されていますが、厚生労働省では、より一層、食品の安全と安心を確保するため、食品から許容することのできる放射性セシウムの線量を、年間5ミリシーベルトから年間1ミリシーベルトに引き下げることを基本として、新たな基準値を設定しました。 規格基準 平成24年4月1日から施行される新たな規格基準は以下のとおりです。

食品区分 放射性セシウムの
基準値(Bq/kg)
含まれる食品の範囲
飲料水 10 ミネラルウォーター類
原料に茶を含む清涼飲料水
飲用に供する茶
乳児用食品 50 乳児(1歳未満)の飲用に供することを目的として販売する食品
牛乳 50 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令の乳及び乳飲料
一般食品 100 上記以外の食品

 注1:平成24年3月31日までに製造され、加工され、又は輸入された食品については、暫定規制値が適用されます。
 注2:米及び牛肉(加工品を含む。)については、平成24年9月30日まで、暫定規制値が適用されます。
 注3:大豆(加工品を含む。)については、平成24年12月31日まで、暫定規制値が適用されます。

岡山市内の流通状況について

現在、岡山市内で基準値を超える食品の流通は確認されていません。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局保健管理課 生活衛生係
電話:086-803-1276 ファクス:086-803-1756
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。