このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  休日夜間急患 >  救急受診時のおねがい(救急医療体制の確保)



ここから本文です。

救急受診時のおねがい(救急医療体制の確保)

ミコロハコロおじぎ

岡山市の救急医療体制は

  • 軽症者のための初期救急医療機関(休日夜間急患診療所、在宅当番医)
  • 重症者のための2次救急医療機関(輪番病院、協力病院)
  • 高度な医療を行う3次救急医療機関 (救命救急センター)

があり、それぞれ役割分担しています。
 

ところが最近、2次、3次救急医療機関に、軽症者の方が殺到し、大変混雑しています。
このままでは、2次、3次救急医療機関が本来の役割を果たせなくなる恐れがあります。

「なにか悪い病気ではと」不安に思われるのはよくわかりますが、重症者のための医療体制を確保するため、なるべく初期救急医療機関で受診くださいますようご協力お願いします。
 


より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局医療政策推進課
電話:086-803-1636 ファクス:086-803-1776
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。