このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  けが・病気 >  新型コロナウイルス感染症について



ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されており、厚生労働省において情報の収集及び公表が行われています。

・厚生労働省(新型コロナウイルス感染症について)

市民のみなさまへ

 皆さまご自身を守るため、そして、大切な人を守るため、3つのお願いへのご協力をお願いします。
 
お願い1:外出はできるだけひかえてください。
やむを得ず外出する場合には、マスクを着用していただくようお願いします。
 
お願い2:「三密」(密集、密室、密接)を避けましょう。
 集団感染は、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」という共通点があります。
  できるだけ、そのような場所に行くことを避けていただき、やむを得ない場合には、マスクをするとともに、換気を心がけていただく、大声で話さない、相手と手が触れ合う距離での会話は避ける、といったことに心がけてください。
 
お願い3:咳エチケット(咳やくしゃみをする際、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえること)や手洗いをお願いします。


〇新型コロナウイルス感染症とは
発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ (倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと 比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、 死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます 新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)感染と接触感染により感染します。空気感染は起 きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。
●飛沫(ひまつ)感染  
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
●接触感染
感染者がくしゃみを咳や手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」

 岡山県においては緊急事態宣言が解除され、徐々に人の動きが拡大する中で、再び感染者が増加するおそれもあります。
新型コロナウイルスは無症状でも軽症でも人に感染させる可能性があります。
したがって、これからは飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた「新しい生活様式」を実践していく必要があります。
日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけ、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぎましょう。
 
「新しい生活様式」の中でも、手洗いは非常に大切です。下記のタイミングで忘れずに実践しましょう。
・公共の場所から帰ってきたとき
・咳やくしゃみ、鼻をかんだとき
・食事をとる前後
・外にあるものにさわったとき
・病気の人のケアをしたとき
「手洗いの、5つのタイミング」(厚生労働省ホームページより引用)
 
手洗いは、石鹸をよく泡立て30秒程度かけて指の間や指のつけね、手首まで洗い、流水でしっかりと洗い流すことが大切です。こうした十分な時間をかけた手洗いによって、手に付いた病原体を手洗い前より約10000分の1以上に減らせます。

新型コロナウイルスに関するQ&A

電話相談窓口などのお知らせ

○ 厚生労働省 新型コロナウイルスに関する電話相談窓口
 電話番号 0120-565653 (フリーダイヤル)   
 FAX    03-3595-2756   
 受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
○ 岡山県 新型コロナウイルスに関する電話相談窓口
 電話番号 086-226-7877
 FAX    086-225-7283
 受付時間 9時00分~21時00分(平日)
        9時00分~17時00分(土日祝日)
○新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口(労働相談)  
 開設場所 岡山労働局(岡山県岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎)  
 電話番号 086-225‐2017  
 開設時間 9時30分から17時00分(平日)

岡山市新型コロナウイルス受診相談センター(旧名称:帰国者・接触者相談センター)

〇相談・受診の目安 
以下のいずれかに該当する場合にはすぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
●息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、 高熱等の強い症状のいずれかがある場合
●重症化しやすい方(※)で 、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方 、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方
☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください 。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
  
電話番号  086-803-1360
平日(日中・夜間)9時~21時
土日祝9時~17時
FAX     086-803-1337 
※聴覚障害がある方や音声による相談に不安がある方は、FAXによる相談票をお使いください。   
 上記以外の時間帯で、緊急の場合は803-1000(市役所代表電話)へお電話いただき、新型コロナウイルスの疑いがある旨、お伝えください。

外国語(英語、中国語、韓国語、ベトナム語)での相談

外国語(英語、中国語、韓国語、ベトナム語)での相談は、岡山市外国人総合相談窓口でお受けします。
場所:岡山市北区大供1-1-1 岡山市役所本庁舎1階
日時:月曜日から金曜日 9:00~16:00(祝日、年末年始を除く)
電話:086-803-1128

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について
英語版
中国語版
韓国語版
ベトナム語版

メールマガジン 岡山市感染症エクスプレス(市民向け)

●配信内容・趣旨 最近の感染症情報を希望される市民の皆様へ、新型コロナウイルス感染症をはじめ、インフルエンザ等の各種感染症発生動向、予防接種等のトピックスをメールマガジン(市民向け)として配信いたします。
●配信頻度 1~2か月に1回程度(定期)の配信を予定
●配信開始予定日 令和2年3月2日

医療機関のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症が疑われる方、上記の帰国者・接触者相談センターにご連絡ください。 なお、院内での感染対策を徹底していただきますようお願いします。

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

多数の人がいる場所は、感染のリスクが高くなります。
集団発生をふせぐために「密」を避けましょう。
3つの「密」
(1)換気の悪い密閉空間
(2)多数が集まる密集場所
(3)間近で会話や発生をする密接場面
の3つの条件がそろう場所の条件がそろう場所は、クラスター(集団)発生のリスクが高くなります。

新型コロナウイルス感染症の予防啓発チラシをご活用ください

新型コロナウイルス感染症の予防啓発チラシを作成しました。
ご自由に配布・掲示にご活用ください。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健課 感染症対策係
電話:086-803-1262 ファクス:086-803-1337
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。