このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  健康・医療・福祉・年金 >  予防接種 >  予防接種を対象年齢内に受けられないのですが、どうしたら良いでしょうか?



ここから本文です。

予防接種を対象年齢内に受けられないのですが、どうしたら良いでしょうか?

質問

予防接種を接種対象年齢内に受けることができないのですが、どうしたら良いでしょうか?

回答

  白血病など長期にわたり療養を要する疾患にかかったこと等(以下、「特別の事情」)のため期間内に接種ができなかった方には、特別措置の制度があります。
 特別の事情がない場合は、接種の対象年齢を過ぎると任意接種となり全額自己負担(保険適用なし)となります。接種の料金は医療機関へお問い合わせください。

【特別措置の制度】
 「特別な事情」がなくなった日から2年間(高齢者肺炎球菌予防接種は1年間)は、公費で予防接種を受けることができます。
 ただし、「特別な事情」となる疾患や対象年齢の期間と「特別な事情」の発生時期によっては、特定措置対象と認められない
こともあります。詳細は下記連絡先にお問い合わせください。


○次の予防接種は、ワクチンの用法上等により接種する年齢の上限が設定されています。「特別な事情」があっても上限年齢を
 超している場合は公費で接種することはできません。

 ・BCG         :4歳未満
 ・小児用肺炎球       :6歳未満 
 ・ヒブ(インフルエンザ菌b型):10歳未満
 ・四種混合(ジフテリア・百日ぜき・破傷風・ポリオ):15歳未満 

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所保健課 感染症対策係
電話:086-803-1262 ファクス:086-803-1337
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。