このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  健康・医療・福祉・年金 >  予防接種 >  BCG予防接種は生後3か月にならないと受けられないのでしょうか?



ここから本文です。

BCG予防接種は生後3か月にならないと受けられないのでしょうか?

質問

BCG予防接種は生後3か月にならないと受けられないのでしょうか?

回答

BCGの場合、法令で定められた対象年齢は「生後12か月未満」なので、生後3か月に満たなくても接種は可能です。
しかし、生後3か月に満たない月齢の場合、先天性免疫不全を有するかどうかの判断が困難であるため、免疫不全に気付かずに接種をしてしまうと、全身性(播種性)BCG感染症といった致命的な副反応を生じてしまう可能性があります。
岡山市では、標準的な接種年齢の5か月から8か月までのお子さまに対して接種勧奨をしています。
海外へ転出するなどのご事情で、3か月未満で接種を希望する際はかかりつけ医又は下記までご相談ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所保健課 感染症対策係
電話:086-803-1262 ファクス:086-803-1337
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。