このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 出産・子育て >  予防接種 >  子どもの定期(法定)予防接種について



ここから本文です。

子どもの定期(法定)予防接種について

新着情報

【重要】平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチン予防接種が法定接種化されます

平成28年4月1日以後に生まれた0歳児が対象となります。
対象年齢: 生後から1歳未満
標準的な接種年齢: 生後2ヶ月から9ヶ月未満
実施期間: 平成28年10月1日から通年
接種費用: 無料(公費負担)
受け方: 27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の注射から139日以上の間隔をおいて1回接種(ex.1回目を月曜日に接種した場合、20週間後の月曜日に3回目を接種できます) 
※2回目と3回目の間隔は6日以上おいてください
※対象となるお子さんあてには、随時、封書もしくは予防接種手帳発送時の同封チラシにてご案内しています
※実施場所は、このページの中程に掲載している「実施場所(個別接種を行う医療機関)」をご覧ください。


(例)B型肝炎接種スケジュール

【重要】麻しん・風しん第2期の対象者について

 市民のひろばおかやま 2016年4月号の34ページに掲載している「定期予防接種(無料)のお知らせ」の記載内容に誤記がありました。
 次のとおり訂正してお詫びいたします。
 麻しん・風しん2期
  ◆2期対象者
    誤 平成21年4月2日から平成22年4月1日生まれの人
    正 平成22年4月2日から平成23年4月1日生まれの人

【重要】子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えについて

平成25年6月14日、厚生労働省は子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨を差し控えるようにと勧告を出しました。
 これを受け、岡山市でも今後当分の間、積極的な接種勧奨を差し控えることとしました。

※定期接種を受ける場合、接種費用は無料です。接種を希望される方は下に掲載しているリーフレット等をよく読み、ワクチンの有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分理解した上で受けるようにしてください。

予防接種の受け方

市では各種予防接種を実施しています。お子さんの体調のよいときを選んで、定められた正しい方法で受けましょう。

  • 予防接種の種類:
    四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)、三種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)、二種混合(ジフテリア・破傷風)、
    ポリオ、麻しん、風しん、BCG、日本脳炎、Hib、小児用肺炎球菌、HPV、水痘、B型肝炎(平成28年10月1日から)
    ※三種混合ワクチンの製造・販売は中止されています。
  • ※定期接種の対象にならない予防接種(インフルエンザ、おたふくかぜ、ロタ等)は、必要に応じて個人の判断で受けられます。(有料)
  • 実施期間:
    年中接種できますが、日本脳炎は4月から6月の接種が望ましいです

  • 接種時に持っていくもの:
    予防接種手帳、親子手帳(母子健康手帳)

予防接種手帳の交付

  • 新生児:出生届出日の翌月中旬に自動的に郵送
  • 未就学の転入児:転入届出日の翌月中旬に自動的に郵送
  • 小学生以上13歳未満の転校生:転入手続きの際に、各区役所又は各支所、各地域センターの窓口で児童・生徒用の手帳を交付
  • その他、手帳を早く受け取りたい人、紛失等のため手帳をお持ちでない人については、申請により窓口で交付(交付場所:保健所保健課、各保健センター、各区役所、各支所、各地域センター[ただし、区役所、支所(建部支所を除く)、地域センターでは、児童・生徒用の手帳のみ交付])。また、電話での申請は保健所保健課まで。

予防接種を受ける前に

 予防接種を受ける前に『予防接種手帳(親子手帳別冊)』〔黄表紙〕の中にある「予防接種と子どもの健康」のページを必ず読みましょう。
 児童・生徒用の予防接種手帳〔緑表紙〕をお持ちの方、もしくは新予防接種手帳(予診票綴)〔紫表紙〕をお持ちの方は、市から配布された冊子『予防接種と子どもの健康』をお読みください。
 何か気にかかることがあれば、事前に医師によく相談しましょう。

実施場所(個別接種を行う医療機関)

 市が実施する予防接種は全て個別接種です。下記の「個別接種を行う医療機関」で予約をとって受けてください。
 また、岡山県内の他市町村内にある一部の医療機関でも同様に接種を受けることができます。当該医療機関を探す場合は、「岡山県医師会予防接種事業のホームページ」内の「平成○○年度岡山県内相互乗り入れ予防接種協力医療機関」の表でご確認ください。

  • 岡山県内の他市町村の医療機関でも無料で予防接種を受けられる場合がありますので、ご希望の医療機関にお問い合わせのうえ、ご利用ください。
  • 岡山県外の医療機関で予防接種を受ける場合は、事前に予防接種依頼書が必要になります(接種費用助成制度あり)。10日程度以上前に、電話等で申し込んでいただくか、下記の「予防接種依頼書交付申請書」を使用し郵便で申請してください。なお、予防接種依頼書があっても必ずしも相手方に受け入れていただけるとは限りませんので、念のため事前に接種を希望する医療機関等にご確認ください。依頼書の申請は保健所保健課まで。

予防接種スケジュール例

 接種スケジュール例です。参考にしてください。
 B型肝炎予防接種のスケジュール例については、このページの冒頭をご覧ください。
 なお、定期の予防接種を受ける時期に、長期療養を必要とする疾病にかかり、接種の機会を逃した場合、あとから無料で予防接種を受けられることがあります。詳しくは保健所保健課までお問い合わせください。

定期予防接種における保護者以外の同伴について

 定期予防接種を受ける場合、原則、日頃からお子さんの健康状態をよく知っている保護者が同伴することとなっています。
 やむをえず保護者が同伴できない場合は、予防接種を理解した上で、日頃からお子さんの健康状態をよく知っている親族が代理人として同伴することができますが、委任状が必要となります。
 委任状は決まった形式はありませんが、以下を参考に作成し、当日持参してください。

個別の予防接種特記事項

【重要】日本脳炎予防接種の取り扱いについて

 以下の(1)または(2)に該当する方について、日本脳炎の定期予防接種の特例措置があります。
(1)平成19年4月1日までに生まれた人で、20歳未満の人
  20歳未満のうちに日本脳炎予防接種1期及び2期の不足分(1回から4回)を接種することができます。
(2)平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれた人
  1期の対象年齢(生後6か月から生後90か月未満)の間に接種が完了しなかった人については、(2)期の対象年齢(9歳から13歳未満)の期間中に1期の未接種分を接種することができます。
※7歳6か月から9歳未満の間は定期接種を受けることはできません。
 詳しくは下記問い合わせ先又は接種医療機関にお問い合わせください。
 なお、日本脳炎予防接種第3期は、平成17年7月29日で廃止になっています。平成17年度以前の予防接種手帳を使っている方はご注意ください。

市町村が実施した子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種を平成25年3月31日までに受けた方へのお知らせ

 ワクチン接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合があります。
 認定を受けるためには、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に請求する必要がありますが、支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られていますので、至急請求いただきますようお願いいたします。
 具体的な請求方法、必要書類、請求書類の様式やその記載方法等については、以下のPMDAの相談窓口にお問い合わせください。 

 【相談窓口】 

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 救済制度相談窓口
0120-149-931(フリーダイヤル 

※IP電話等でフリーダイヤルが御利用になれない場合は、03-3506-9411(有料)を御利用ください。 

〈受付時間〉

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後5時
 


三種混合ワクチンの販売終了および不活化ポリオワクチンの導入に関するお知らせ

 四種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)の供給量が確保されていることから、三種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風)の製造は終了しており、平成26年12月4日より、三種混合ワクチンの一般市場での販売も終了しました。
 また、平成24年9月1日にポリオ(小児マヒ)の予防接種のワクチンが生ワクチンから不活化ワクチンに変更されました。
さらに平成24年11月1日から、不活化ポリオワクチンと三種混合(ジフテリア・百日ぜき・破傷風)ワクチンが混合された四種混合ワクチンが導入されています。

 三種混合ワクチン(DPT)の接種を完了しているが、ポリオワクチンの接種が完了していない方は、原則として、単独の不活化ポリオワクチンを接種してください。

 経口生ワクチンを2回接種済み、もしくは、不活化ポリオワクチン(IPV)を必要回数(4回)接種済みの方で、三種混合ワクチン(DPT)の接種を完了していない方は、四種混合ワクチン(DPT-IPV)を使用してください。
 4回を超える不活化ポリオワクチン接種後の有効性および安全性が確認されたことから、添付文書上の接種上の注意の記載が変更されています。

ポリオワクチンの任意接種について

 昭和50年から52年に生まれた方は、ポリオの免疫を有している割合が他の年齢層に比べて低いことが、厚生省の調査でわかっています。
ポリオウイルス常在国に渡航するときなどは、追加接種を受けることをお勧めします。
 なお、接種は任意接種となり有料になります。

健康被害救済制度について

 予防接種を受けたあと、接種局所の腫れ、発熱、しこりなどの症状がでることがあります。
 また、極めてまれ(百万から数百万人に一人程度)ではありますが、脳炎や神経障がいなどの重い副反応が生じることもあります。
 重い副反応の場合、定期予防接種については、国が予防接種法に基づく定期の予防接種による副反応と認定した場合には、定期予防接種法の健康被害救済給付の対象となります。

任意の予防接種について

岡山市が現在助成事業を行っている予防接種は以下のとおりです。

妊娠希望者への風しん予防接種費用助成事業

 岡山市在住で、妊娠を希望する風しん抗体価の低い女性とそのパートナー(妊婦のパートナーを含む)を対象に、予防接種費用の一部を助成する事業を実施しています。
 詳しくは「妊娠希望者へ風しん予防接種費用の一部を助成します!」のページをご覧ください。

75歳以上の高齢者肺炎球菌予防接種費用助成事業終了のお知らせ

成人用(高齢者向け)肺炎球菌予防接種が平成26年10月1日より法定化されることに伴い、当該事業は平成26年9月30日で終了いたします。
 

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所保健課 感染症対策係
電話:086-803-1262 ファクス:086-803-1337
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。