このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  安全・安心なくらし >  災害支援 >  平成29年台風18号による災害に遭われた方へお知らせ



ここから本文です。

平成29年台風18号による災害に遭われた方へお知らせ

平成29年台風18号による災害に遭われた方へ、心よりお見舞い申し上げます。

災害見舞金

岡山市の災害見舞金の支給

災害見舞金 (1世帯ごとの金額)   住家が床上浸水したとき  15,000円

り災証明書の発行

家屋や事業用建物・設備などの保険請求や、税金・保険料などの減免手続き、または各種支援制度を利用する際にり災証明書が必要となる場合があります。証明書が必要な方は、お近くの区役所または支所にご相談ください。
職員が現地調査を行い、後日り災証明書を発行(郵送)します。

請求先

○住家用証明書
 各区役所市民保険年金課・支所

○商工業者用証明書
 産業振興・雇用推進課 中小企業振興室(086-803-1325)

※各区役所市民保険年金課・支所の問い合わせ先は下記のPDFファイル「り災証明書の申請受付・発行窓口の一覧」をご参照ください。

り災証明書に関するQ&A

Q1.「り災証明書」はどんな場面で必要になりますか?
A.証明書に記載された被害の程度によって、以下のような被災者支援策を受けられるかどうかが判断されます。  
 ○災害見舞金、各種減額・免除などの申請
   例 平成23年の台風12号の際に床上浸水時の被害で減免対象となったもの
   市県民税、固定資産税、国民健康保険料、介護保険料、保育料、後期高齢者医療保険料、水道料金など
   ただし、証明書をお持ちであっても、被害の程度によっては減免が適用されない場合があります。
   各部署の連絡先は下記の「各種減額・免除についてのお問い合わせ先一覧(PDF)」をご覧ください。  
 ○岡山市の制度ではありませんが、民間会社での保険請求や融資、各種支援制度を利用する際に証明書が必要になることがあります。

Q2.申請に必要なものは何ですか?
A.以下のものが必要です。   
 ○り災証明書等交付申請書一式
   (事実の確認として被害の状況が判別できる写真などを添付してください)   
 ○身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証など本人確認のできるもの)  
 代理人が申請する場合は、さらに以下のものが必要です。  
 ○代理人(来庁された方)の身分証明書  
 ○委任状または同意書 
 
Q3.発行に手数料はかかりますか?
A.かかりません。無料です。

Q4.いつまでに申請すればいいですか?
A.申請は随時受付いたしますが、り災後相当期間が経過し、り災物件と災害の因果関係が確認できず、証明書の交付ができない場合があります。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局福祉援護課 福祉係
電話:086-803-1218
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。