このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  戸籍・住民票・各種証明 >  いろいろな証明(住民票・戸籍謄本など) >  り災証明書の発行(大規模な自然災害が起こったとき)



ここから本文です。

り災証明書の発行(大規模な自然災害が起こったとき)

岡山市では、大規模な自然災害によって住宅が被災した場合、「り災証明書」を交付いたします。

り災証明書Q&A

り災証明書Q&A
(内閣府ホームページ「災害に係る住家の被害認定」による)

Q1.「り災証明書」とは何ですか?

A.台風や地震、津波などの自然災害によって住宅などが被災したとき、その被害の程度を証明するものです。

Q2.「大規模な自然災害」とは具体的にどんなものですか?自宅が火災の場合はどうなりますか?

A.ここでの災害とは、災害救助法などが適用されるような、地震や津波、台風などの大規模な自然災害を指します。
  ※火災の「り災証明書」は消防署での手続きとなります。
  【火災によるり災(届出)証明書の発行】

   ※火災を含め、災害を受けたときの援護全般についてはこちらをご覧下さい。
   【災害で被害を受けたときの援護】


Q3.どんな建物が対象になりますか?

A.被災した住家(持ち家に限らず、アパートや借家を含む。)が対象です。店舗、事業所、工場等の「り災証明書」については、産業振興・雇用推進課(086-803-1325)までお問い合わせください。


Q4.建物の被害認定調査とは何ですか?

A.被災した建物について、内閣府が定めた標準に基づき、被害の程度を認定する現地調査のことです。一般的には、「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」、「半壊に至らない」の4区分で被害の認定を行います。

Q5.「り災証明書」はどんな場面で必要になりますか?

A.証明書に記載された被害の程度によって、以下のような被災者支援策を受けられるかどうかが判断されます。
 ○災害弔慰金、災害障害見舞金、災害援護資金、被災者生活再建支援金などの申請
 ○各種減額・免除申請(例:平成23年の台風12号の際に実際に減免対象となったもの…市県民税、固定資産税、国民健康保険料、介護保険料、保育料、後期高齢者医療保険料、水道料金、下水道使用料など)
  ただし、証明書をお持ちであっても、被害の程度によっては減免が適用されない場合があります。各部署の連絡先は下記の「各種減額・免除についてのお問い合わせ先一覧(PDF)」をご覧ください。
 ○岡山市の制度ではありませんが、民間会社での保険請求や融資、各種支援制度を利用する際に証明書が必要になることがあります。

Q6.「り災証明書」はどうすればもらえますか?

A.申請の受付及び証明書の発行は、各区役所と支所で行っております。申請を受けてから岡山市が現地調査を行い、被害の程度などを記載した証明書を発行します。各区役所・支所の連絡先は下記の「り災証明書の申請受付・発行窓口の一覧(PDF)」をご覧ください。

Q7.申請に必要なものは何ですか?

A.以下のものが必要です。
  ○り災証明書等交付申請書一式(事実の確認として被害の状況が判別できる写真、修繕に要した見積書・領収書などを添付してください)
  ○身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証など本人確認のできるもの)

  代理人が申請する場合は、さらに以下のものが必要です。
  ○代理人(来庁された方)の身分証明書
  ○委任状または同意書

 ※災害の状況によって変更になることがあります。

Q8.発行に手数料はかかりますか?

A.かかりません。手数料は無料です。

Q9.どんな人が申請できますか?

A.被災者本人が申請できます。また、管理者、保険金受取人など、本人以外による申請も可能な場合があります。

Q10.いつまでに申請すればいいですか?

A.申請は随時受付いたしますが、り災後相当期間が経過し、り災物件と災害の因果関係が確認できず、証明書の交付ができない場合があります。


添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局福祉援護課 福祉係
電話:086-803-1218
ファクス:086-803-1870
住所:〒700-8546
    岡山市北区鹿田町1丁目1番1号 岡山市保健福祉会館4階[地図
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。