このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらしの情報 >  高齢者・障害者・福祉 >  臨時福祉給付金のご案内



ここから本文です。

臨時福祉給付金のご案内

岡山市の申請期間は、平成27年1月28日(水)までです。

 まだお手元に申請書をお持ちのかたは、お早めの申請をお願いします。
 また、申請書がお手元に届いていないかたや、紛失等されたかたについても、下記の給付金専用コールセンターにご連絡いただければ、郵送させていただいています。

 「臨時福祉給付金」を装った詐欺等にご注意ください。

 くわしくは、こちら。

コールセンターを開設しています

 下記のとおり、平成26年7月1日から臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時特例給付金に関するお問い合わせに対応するためのコールセンター(専用電話)を開設しています。

  • 電話番号 086-899-6392
  • 開設期間 平成27年1月30日まで(予定)
  • 時間 月曜日~金曜日(祝日及び年末年始を除く) 午前8時30分~午後5時
※なお、このコールセンターでは、日本語以外に、英語、中国語、ハングル、スペイン語、及びポルトガル語での対応もできます。

改訂履歴

平成26年12月19日 岡山市での締切のご注意を追記しました。
平成26年11月4日 延長して開設していた北区役所相談窓口も、10月31日をもって閉鎖しました。
平成26年9月28日 各区役所等に設置していた相談窓口は閉鎖しましたが、北区役所に設置している相談窓口のみ、10月31日まで延長して開設しています。
平成26年7月28日 7月28日から、申請書の受付を開始しました。
平成26年7月22日 申請書の郵送日(7月28日)を追記し、関連する事項についても追加・変更を行いました。
平成26年6月25日 申請期間及び相談窓口について追記しました。
平成26年6月5日 この間に決まったこと(申請開始時期、コールセンター)を追記しました。
平成26年5月21日 事務室の所在地及びファクス番号を変更しました。
平成26年4月10日 この間に決まったことを追記しました。
平成26年3月18日 厚生労働省の専用ダイヤル等を追記しました。
平成26年2月7日 このページを開設しました。

臨時福祉給付金のご案内

「臨時福祉給付金」とは?

 平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、所得の低い方々への負担増を考慮し、暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金が支給されます。
 具体的な手続き等については、下の項目をご覧ください。  また、制度についての説明は、厚生労働省の専用ダイヤル[0570-037-192]もご利用ください。

支給額

○支給対象者1人につき1万円が、1回限りで支給されます。
○支給対象者のうち、下記のいずれかに該当するかたには5千円が加算されます。ただし、複数に該当されるかたの加算額も5千円となります。
 ・老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金等の受給者など
 ・児童扶養手当、特別障害者手当等の受給者など

支給対象者

 平成26年度分の市民税(均等割)を課税されないかたが対象となります。
 ただし、市民税(均等割)が課税されるかたに扶養されているかたや、生活保護制度の被保護者となっている場合などは、対象外です。

 なお、今回の臨時福祉給付金の対象となるかどうかや、同時期に支給される子育て世帯臨時特例給付金のいずれの対象になるかについては、岡山市の給付金専用コールセンター(086-899-6392)にお問い合わせいただくか、下のサイト(厚生労働省)でご確認ください。

2つの給付金をカクニンジャ

岡山市での申請となるかた

 岡山市で申請を行えるのは、原則として、基準日(平成26年1月1日)において岡山市に住民票を置いていたかたとなります。基準日時点で、岡山市以外の市町村に住民票を置かれていたかたについては、基準日に住民票を置かれていた市町村に、直接お問い合わせください。
 ただし、配偶者からの暴力を理由に避難されているかたについては、次項をご覧ください。

申請期間及び相談窓口

 岡山市での申請期間は、
平成26年7月28日~平成27年1月28日(6か月間)(郵送の場合、当日消印有効)
となります。給付金は、この期間内に申請されないと支給できませんので、ご注意ください。
 なお、各区役所・各支所・各地域センターにそれぞれ設置していた相談窓口については、9月26日で閉鎖しました。延長していた北区役所についても10月31日で閉鎖しましたので、ご了解ください。
 お問い合わせ等がありましたら、上のコールセンター086-899-6392までご連絡ください。

申請手続

 臨時福祉給付金の対象となる可能性がある世帯には、平成26年7月28日に申請書などを岡山市から郵送しました。申請は、同封している返信用封筒にて郵送で行えます。同封の記入例などをよくお読みいただき、申請書に必要事項を記入し、必要な添付書類(本人確認書類の写し。預貯金口座の通帳のコピー。等)と共に、返信用封筒に入れて返送してください。
 なお、記入方法など不明な点がありましたら、上のコールセンター086-899-6392で相談ができます。
 また、申請書がお手元に届いていなくても、コールセンターに申し出ていただければ、郵送させていただきます。申請書を紛失等された場合にも、同様にご連絡ください。

給付金の支給について

 申請書の受付後、支給要件に該当しているかどうかの審査を行います。支給対象となるかたについては、受付後約1か月をめどに「支給決定通知書」を郵送し、指定された金融機関の口座に対して振り込みを行います。
 この際、何らかの事情で振込みができなかった場合には、岡山市から郵便で問い合わせさせていただきます。
 なお、上の審査の結果、支給対象とならないかたについても、「不支給決定通知書」を郵送します。

注意事項

  • 岡山市や厚生労働省などが、臨時福祉給付金の申請をしたかどうかや、世帯構成・収入・所得の額、銀行の口座番号などの個人情報を電話で一方的に照会することは、絶対にありません。
  • 臨時福祉給付金を支給される権利は、譲り渡し又は担保に供することはできません。
  • 臨時福祉給付金は、所得税や市民税の対象とはなりません。

振込口座について

  • 岡山市の場合、日本国内であれば、どこの金融機関・支店でも構いません。具体的には次のとおりです。
    ・銀行(ゆうちょ銀行や、いわゆる「ネット銀行」も含む)
    ・信託銀行
    ・信用金庫、信用組合、労働金庫
    ・商工組合中央金庫、農林中央金庫
    ・農協(JAバンク)、漁協(JFマリンバンク)
  • 海外で開設された金融機関の口座に振り込むことはできません。
  • 長期間使用されていない口座の場合、金融機関によって停止されていて、振り込むことができないことがあります。振込みに使えるかどうかは、各金融機関にお問い合わせください。

配偶者からの暴力を理由に避難されているかたについて

 今現在、岡山市内に居住しているが、配偶者からの暴力が理由での避難であるため、基準日において住民票を移動できなかったかたで、一定の要件を満たす場合には、下記により申し出ていただくことにより、岡山市に対し臨時福祉給付金の支給の申請(平成26年7月28日(月)から受付開始)を行うことができます。
 なお、この申出の手続きが完了した後は、配偶者等が、基準日時点で住民票を置いている市区町村に対し、申出を行ったかたに関する臨時福祉給付金の申請はできなくなります。その際、申出を岡山市で行ったことは、配偶者等に対し守秘されます。
 ただし、加害配偶者の側が、既に臨時福祉給付金の申請をし、支給決定が終わっているような場合など、岡山市が支給できない場合があります。

申出方法:下の申出書を紙に印字し、必要事項を記入し、申出書下段に掲載されている書類を添えて、申出先に提出してください。(電子メール等での提出は不可)
申出先:岡山市保健福祉局福祉援護課 臨時福祉給付金対策室
電話:086-803-1291(岡山市臨時福祉給付金対策室)
(住所及び地図等については、末尾をご参照ください)

こちらも参照してください

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局福祉援護課臨時福祉給付金対策室
電話:086-803-1291
ファクス:086-222-2677
住所:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [地図
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。