このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらしの情報 >  高齢者・障害者・福祉 >  臨時福祉給付金のご案内



ここから本文です。

臨時福祉給付金のご案内

岡山市での申請期間は、まだ始まっていません

 平成26年度の臨時福祉給付金の申請期間は終了しており、今から申請することはできません。
 平成27年度の臨時福祉給付金については、現在、準備を進めている段階で、まだ申請することはできません。

 「臨時福祉給付金」を装った詐欺等にご注意ください。

 くわしくは、こちら。

改訂履歴

平成27年4月16日 このページの内容を、平成27年度のものに全面改訂しました。

臨時福祉給付金のご案内

 上述のように、平成26年度の臨時福祉給付金の申請期間は終了しましたが、本年1月14日に、平成27年度も臨時福祉給付金の支給を行うことが閣議決定されました。こちらの申請時期や支給方法などについては、現在、岡山市でも準備を進めている段階です。(「配偶者からの暴力を理由に避難されているかた」については後述)
 よって、現時点では、市民の皆様へご連絡や振込を行える段階ではありません。具体的な内容が決まり次第、速やかに岡山市ホームページや広報紙「市民のひろば おかやま」等を通じてお知らせいたします。

「臨時福祉給付金」とは?

 平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられましたが、所得の低い方々への負担増を考慮し、暫定的・臨時的な措置として、平成26年度に臨時福祉給付金が支給されましたが、平成27年度についても、引き続き支給が行われます。(平成28年度については、現時点では未定です)
 具体的な内容等については、以下の項目をご覧ください。
 また、制度についての説明は、厚生労働省の専用ダイヤル[0570-037-192]もご利用ください。

支給額

○支給対象者1人につき6,000円が、1回限りで支給されます。
○平成26年度とは異なり、加算措置はありません。支給対象者となるかたについては、皆さん同額となります。

支給対象者

 平成27年度分の市民税(均等割)を課税されないかたが対象となります。
 ただし、市民税(均等割)が課税されるかたに扶養されているかたや、生活保護制度の被保護者となっている場合などは、対象外です。

 なお、平成26年度とは異なり、同時期に支給される子育て世帯臨時特例給付金の対象にもなるかたについては、どちらの給付金も支給されます。
 今回の臨時福祉給付金の対象となるかどうかなど、詳細については、下のサイト(厚生労働省)でご確認ください。

2つの給付金をカクニンジャ

岡山市での申請となるかた

 岡山市で申請を行えるのは、原則として、基準日(平成27年1月1日)において岡山市に住民票を置いていたかたとなります。基準日時点で、岡山市以外の市町村に住民票を置かれていたかたについては、基準日に住民票を置かれていた市町村に、直接お問い合わせください。
 ただし、配偶者からの暴力を理由に避難されているかたについては、次項をご覧ください。

申請手続

 具体的な申請開始時期や申請方法、支給の手続きなどについては、現在準備中です。今後、決まり次第、速やかにお知らせします。

配偶者からの暴力を理由に避難されているかたについて

 今現在、岡山市内に居住しているが、配偶者からの暴力が理由での避難であるため、基準日(平成27年1月1日)において住民票を移動できなかったかたで、一定の要件を満たす場合には、申し出ていただくことにより、岡山市に対し臨時福祉給付金の支給の申請を行うことができます。
 なお、この申出の手続きが完了した後は、配偶者等が、基準日時点で住民票を置いている市区町村に対し、申出を行ったかたに関する臨時福祉給付金の申請はできなくなります。その際、申出を岡山市で行ったことは、配偶者等に対し守秘されます。
 ただし、加害配偶者の側が、既に臨時福祉給付金の申請をし、支給が終わっているような場合など、岡山市が支給できない場合があります。

※ご注意 この申出期間は、平成27年6月以降を予定しており、現在はまだ始まっていません。ご相談だけならば可能です。このページの末尾の「お問い合わせ先」をご覧ください。

こちらも参照してください

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局福祉援護課臨時福祉給付金対策室
電話:086-803-1291
ファクス:086-222-2677
住所:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [地図
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。