このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 学び・生涯学習 >  戦災・平和 >  平和祈念事業について



ここから本文です。

平和祈念事業について

平和祈念事業について

 岡山市では、日本国憲法の恒久平和の理念に基づき、昭和60年6月25日に「平和都市宣言」を行いました。この宣言では、すべての国のあらゆる核兵器が完全に廃絶されることを願い、平和で幸せな社会を築くため不断の努力を続けることを誓いました。また、平成元年6月24日には岡山空襲のあった6月29日を「岡山市平和の日」と定め、戦争の悲惨さ、平和の尊さを次代へ語りついでいくため、さまざまな平和を祈念する取り組みを行っています。

「岡山市戦没者追悼式」の開催

岡山市戦没者追悼式の写真

岡山市では、先の大戦において亡くなられた戦死者ならびに戦災死者の顕彰と哀悼の意を表すため、毎年6月29日に、無宗教献花方式による戦没者追悼式を開催しています。


岡山空襲展示室

岡山空襲展示室ロゴ

岡山空襲に関する展示を通じて、多くの方に平和への想いを新たにしていただき、戦争の悲惨さと平和の尊さを次世代に伝えていきます。
また貴重な資料の散逸や損耗を防止するために、関連資料の収集や聴き取り調査を行っています。
岡山空襲展示室ホームページ(http://www.city.okayama.jp/okayama-city-museum/sensai/sensai_index.html


「岡山戦災の記録と写真展」の開催

岡山戦災の記録と写真展の写真

岡山空襲の悲惨な状況を記録写真等で再現し平和への誓いを新たにするため昭和53年から毎年開催しています。平成18年度から岡山シティミュージアムで開催しております。


戦災資料・遺品等収集事業

不発弾の写真

岡山市では戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に伝えていくため岡山空襲の惨状を今に伝える資料の収集を行っています。
お手持ちの資料でご寄贈いただけるものがありましたらお知らせください。


平和都市宣言

 真の恒久平和を実現することは、戦災で多くの尊い人命を失い、街を焦土と化した岡山市民のみならず、人類共通の念願である。 しかるに、核軍備の拡張は、依然として行われ、世界の平和と安全、人類の生存に深刻な脅威をもたらしている。 我が国は、世界唯一の核被爆国として、核兵器の廃絶を世界の人々に強く訴え、この地球上に広島、長崎の惨禍を再び繰り返させてはならない。 岡山市民は、日本国憲法の恒久平和の理念に基づき、すべての国のあらゆる核兵器が完全に廃絶されることを願い、平和で幸せな岡山市を築くため、不断の努力を続けることを誓い、ここに岡山市は平和都市を宣言する。
昭和60年6月25日
岡山市

岡山市平和の日宣言

 平和都市宣言の趣旨を体して、市民一人ひとりが、平和について考え、平和の尊さの思いを新たにする日とするため、岡山大空襲で多くの市民が被災した6月29日を岡山市平和の日とすることを宣言する。
平成元年6月24日
岡山市

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局福祉援護課 福祉係
電話:086-803-1218
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。