このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  地域の福祉 >  災害で被害を受けたときの援護



ここから本文です。

災害で被害を受けたときの援護

災害で被害を受けたときの援護

自然災害や火災などで被害を受けたときの各種援護制度をご紹介します。

災害救助法が適用される自然災害(※)で被災した場合

○災害弔慰金
  災害により死亡した方の遺族に支給されます。

○災害障害見舞金
  災害により精神又は身体に著しい障害を受けた方に支給されます。

○災害援護資金
 
 災害により住居や家財が大きな損害を受けるなどした場合に、生活の再建に必要な資金の貸付が行われます。

詳細はこちらをご覧ください。
【内閣府ホームページ 災害弔慰金の支給等に関する法律】

災害に関するその他の制度についてはこちらをご覧ください。
【内閣府ホームページ 防災対策制度】


(※)大規模な自然災害の際には、災害救助法の適用により、応急救助が行われることがあります。適用基準は次のように定められています。
  (1)災害により市町村などの人口に応じた一定数以上の住家の滅失(全壊)がある場合
  (2)多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じた場合であって、避難して継続的に救助を必要とする場合等

  岡山市では、次のような場合に災害救助法が適用されます。(岡山市地域防災計画より)

  (1)市内全域において、150世帯以上又は、北、中、南の各区内で100世帯以上、東区で80世帯以上の住家が滅失したとき。
  (2)被災世帯数が相当広範囲な地域にわたり、県下の全滅失世帯数が1,500世帯以上の場合で、市内の滅失世帯数が75世帯以上に達したとき。
  (3)被災世帯数が相当広範囲な地域にわたり、県下の全滅失世帯数が7,000世帯以上に達した場合で、市域の被害状況が、特に救助を必要とする状態にあるとき。
  (4)災害が隔絶した地域に発生したものである等、被災者の救護を著しく困難とする特別の事情がある場合で、かつ、多数の住家が滅失したものであるとき。
  (5)多数の者が生命若しくは身体に危害を受け又は受けるおそれが生じたとき。

  詳細はこちらをご覧ください。
  【内閣府ホームページ 災害救助法】
  【岡山市地域防災計画について】

災害救助法が適用されない災害や火災などで被災した場合

○災害見舞金等の支給(被災人員や被害の程度などによって金額が異なります)
 

災害見舞金

※1世帯ごとの金額

条件 支給元・金額
岡山市 岡山市社会福祉協議会 共同募金
住家が全焼・全壊・流失したとき 50,000円以内 15,000円以内 10,000円
住家が半焼・半壊したとき 30,000円以内 8,000円以内  
住家が床上浸水したとき 15,000円以内    

弔慰金

※死亡者1人ごとの金額

条件 支給元・金額
岡山市 岡山市社会福祉協議会 共同募金 日本赤十字社
当該災害が原因で死亡、又は死亡したと推定されるとき 120,000円以内 50,000円以内 10,000円 20,000円

障害見舞金

※負傷者1人ごとの金額

条件 支給元・金額
岡山市 岡山市社会福祉協議会
当該災害が原因で負傷し、医師の診断により一か月以上治療を受ける必要があるとき 30,000円以内 8,000円以内

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局福祉援護課 福祉係
電話:086-803-1218
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。