このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  地域の福祉 >  成年後見制度とは



ここから本文です。

成年後見制度とは

成年後見制度とは

精神上の障害により判断能力が十分でない方(認知症(にんちしょう)高齢者、知的(ちてき)障害者、精神(せいしん)障害者など)の財産管理や介護サービスの利用契約などを、成年後見人(せいねんこうけんにん)等が代わりに行うことにより、このような方の財産や権利を保護し支援する制度です。

手続きの流れ

1 どんなとき?

  • 判断能力が十分でない方が、たとえば、「家を売りたい」「福祉サービスを受けたい」が、一人ではできない、一人では不安があるとき
  • 判断能力の十分でない一人暮らしの方が、悪質な訪問販売の被害にあうおそれがあるとき
  • 任意後見契約を結んだ人が判断能力が不十分になったとき

2 申立て

家庭裁判所に後見・保佐・補助の開始の申立てを行います。(申立人)本人、配偶者、4親等内の親族など

3 審問・調査

家庭裁判所調査官が、事情を尋ねたり、問い合わせたりします。
必要に応じ家事審判官(裁判官)が直接事情を尋ねます。(鑑定が必要な場合があります。)

4 審判

申立てから、審判まで3・4か月かかります。

5 成年後見人等の選任、援助

選任された成年後見人等が、利用者本人の身の回りに配慮しながら、援助します。

6 監督人の選任

成年後見人等の仕事を監督します。(選任しないこともあります。)

新しい成年後見制度の特徴は

平成12年4月、民法の一部改正等により、従来の禁治産、準禁治産制度を改め、新しい成年後見制度が実施されました。

  • 本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3類型に分けられました。
  • 「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。
  • 複数の後見人、法人の後見人も認められました。
  • 戸籍への記載に代えて、「成年後見登記制度」が新しく設けられました。
  • 身寄りのない人などのために、市町村長に法定後見開始の審判の申立権が与えられました。

法定後見制度とは

  • 成年後見人は、申立てにより、家庭裁判所が選任します。
  • 本人の判断能力の程度により、成年後見人、保佐人、補助人の3種類に分けて選任されます。
成年後見人の選任基準の表
  後見  保佐 補助
本人の判断能力 全くない 著しく不十分 不十分
援助者(法定後見人) 成年後見人 保佐人 補助人
申立てに対する本人の同意 不要 不要 必要
  • 家庭裁判所に申立てができる人は、本人、配偶者、4親等内の親族などです。 (注釈)本人、配偶者、4親等内の親族などの申立てをする人がいない場合には、市町村長も申立てをすることができます。
  • 申立てに必要な費用は、印紙や診断書にかかる費用として1万5,000円程度、鑑定料(補助の場合は不要)として5から10万円程度が必要となります。
  • 成年後見人等への報酬額は、後見事務の内容、資産等を考慮して家庭裁判所が決定します。
  • 従来の禁治産宣告などの戸籍への記載に代えて、その内容等は登記所(東京法務局)に登録され、プライバシーが保護されます。
  • 家庭裁判所は、必要に応じて「成年後見監督人」を選任し、後見人の事務の監督をさせます。 

任意後見制度とは

  • 将来、自分の判断能力が不十分になったときに備えて、自分の後見人になってもらいたい人(任意後見受任者)を自らが選任し、その人と契約をしておく制度です。
  • その契約(任意後見人契約)は、公証人が作成する公正証書によらなければなりません。
  • 報酬や契約内容などもその契約の中で、本人と任意後見受任者の間で決めます。契約解除も原則として自由です。
家庭裁判所は、任意後見監督人を必ず選任し、後見人の事務の監督をさせます。

詳しくは、以下の公証役場にご相談下さい。

公証役場連絡先
公証役場 住所 電話
岡山公証人合同役場 岡山市中山下一丁目2-11清寿会館ビル5階 086-222-7537
柳川公証役場 岡山市野田屋町一丁目7-17千代田生命岡山ビル3階 086-223-9348

成年後見制度に関するお問い合わせ

  • 相談、申立手続きの窓口(申立用紙なども置かれています。)
    岡山家庭裁判所 岡山市南方一丁目8-42 電話:086-222-6771
    (注釈)家庭裁判所では、電話による音声・ファクスサービスも行っています。
    家事案内手続き 電話:086-234-1981(電話・ファクス共通)
  • その他の相談窓口
    財団法人 リーガルエイド岡山 高齢者・障害者支援センター
     岡山市南方一丁目8-29岡山弁護士会館内 電話:086-223-7899
    社団法人リーガルサポート岡山県支部(岡山県司法書士会)
     岡山市富田町二丁目9-8 電話:086-226-0470
    (法律の専門家の方が相談にのってくれます。事前に電話で確認して下さい。)
  • 岡山市の相談窓口
    身寄りがない等の理由で、申立人がいない場合は、市長が申し立てることもできます。

    市長申立てを行った方で、後見人等の報酬の負担が困難な方に対する助成制度があります。


    市役所の相談窓口は下記のとおりです。

相談窓口の表
課所名 電話番号 所在地
福祉援護課 086-803-1216 岡山市北区鹿田町一丁目1-1
岡山市保健福祉会館内
高齢者福祉課 086-803-1231
障害福祉課 086-803-1235
保健管理課 086-803-1251
各福祉事務所   市内6か所

地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)

成年後見制度とは別に、判断能力が衰えた方の日常生活支援として、「地域福祉権利擁護事業」があります。

具体的なサービス内容

  1. 福祉サービスの利用手続きの援助や代行、福祉サービス利用料支払い等
  2. 年金受領手続き、公共料金支払い手続き、それに伴う預金の出し入れなどの日常的金銭管理サービス
  3. 預貯金の通帳、年金証書、実印などの預かりサービス

利用できる人

福祉サービスの利用について、自らの判断では適切な契約や福祉サービスの利用について不安のある高齢者や障害者の方で、本事業の契約の内容を理解できる方。

利用料

上記1.2.の方は1時間当たり 1,100円
3.の預かりサービス年間 5,000円
(注釈)

  1. その他、生活支援員の交通費は実費負担していただきます。
  2. 生活保護受給者は無料

お問い合わせ先

岡山市社会福祉協議会
岡山市北区鹿田町1-1-1 (岡山市保健福祉会館7階)電話:086-225-4051

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局福祉援護課 管理係
電話:086-803-1216
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。