このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  ペット・動物 >  犬猫等販売業とは



ここから本文です。

犬猫等販売業とは

平成25年9月1日の法改正により飼養施設を設けて犬猫の販売・繁殖を行う第一種動物取扱業者は「犬猫等販売業者」と定められました。

これは、犬猫の販売・繁殖を行う業者が、幼齢期の個体を取り扱うことも多く、さらに犬猫は幼齢期において非常に周辺の環境に左右されやすく飼育が難しい点、犬猫が飼養困難となった場合に動物の飼養環境や周辺環境への影響など、社会的影響が大きいこという点から法律で犬猫の販売業に対し遵守事項が設けられたことによります。

「犬猫等販売業者」は以下に記す義務について遵守しなくてはなりません。

犬猫等販売業者の義務

1.幼齢の犬猫の販売等の制限

 繁殖を行う犬猫等販売業者は、出生後56日以内の犬猫の販売及び販売の用に供するための引渡しまたは展示を行うことが禁止されました。
 
ただし、その後法律で定める日までの間は出生後49日以内となります。

また、生後日齢は生まれた次の日を起算日とし、生まれた次の日が生後1日目となります。


輸入や譲渡で、生年月日がはっきりしない場合は、輸入日・譲渡日がそれに代わる情報にはなります。
ただし、輸入にしても譲渡にしても日齢規制がある (輸出先、譲渡する人が把握しているべき情報) ものなので生年月日は問い合わせればある程度わかると思います。 
 

2.獣医師等との連携及び終生飼養の義務付け

犬猫等販売業者は、飼養する犬猫等の健康及び安全を確保するために、獣医師等との適切な連携及び終生飼養を確保することが義務付けられました。
※あくまでかかりつけの動物病院の確保であり、専属で契約を結ぶ必要はありません。

3.犬猫等健康安全計画の策定及び遵守

犬猫等販売業者は、「犬猫等健康安全計画」を作成し、守らなければなりません。
犬猫等健康安全計画には、

  1. 幼齢の犬猫等の健康及び安全を保持するための体制整備
  2. 販売の用に供することが困難になった犬猫等の取扱い
  3. 幼齢の犬猫等の健康及び安全の保持に配慮した飼養、保管、繁殖及び展示方法

  についての記載が必要です。

※なお、犬猫等健康安全計画の無届および虚偽の届出をした場合、30万円以下の罰金となります。

4.犬猫等の個体に関する帳簿の備付け

犬猫等販売業者は、犬猫の個体ごとに帳簿を備付けることが義務付けられました。

帳簿には、個体情報や販売情報など定められた事項を記載し、記載の日から5年間保存してください。

なお「販売時における説明及び確認実施状況記録台帳」及び「取引状況記録台帳」は、犬猫については帳簿をもって代えることができます。
帳簿は、求めに応じて見せることが可能な状態であれば、電磁的方法による保存も認められます。

なお、帳簿不整備、無記載、虚偽記載、保存をしていない といった場合最悪20万円以下の過料になりますのでご注意ください。
 

5.定期報告

犬猫等販売業者は、犬猫の数について毎年度(4/1~3/31までの記録)の定期報告を行うことが義務付けられました。

「犬猫等販売業者定期報告届出書」
に、新たに所有した数、引渡した数、死亡した数を記載して、翌年度の4月1日から5月30日までに提出しなければなりません。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所衛生課 動物衛生係
電話:086-803-1259
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。