このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  生活衛生(イベント・環境・食品・動物・薬務) >  食品衛生関係 >  生食用牛肝臓(レバー)販売・提供の禁止について



ここから本文です。

生食用牛肝臓(レバー)販売・提供の禁止について

 今般、食品、添加物等の規格基準の一部が改正され、平成24年7月1日から生食用牛肝臓(レバー)の販売・提供が禁止されています。

消費者の方へ

 腸管出血性大腸菌による重い食中毒の危険性があるため、生食用牛レバーの販売、提供が禁止されています。現在、販売されたり、飲食店で提供されている牛レバーは加熱用です。 新鮮だからといって安全ではありません。
 絶対に生では食べないでください。食べられる際は、中心部まで十分加熱(75℃で1分間以上)してお召し上がりください。

腸管出血性大腸菌食中毒予防のポイント

  • 牛レバーだけでなく、食肉は生では食べないこと
  • 食肉は中心部まで十分に加熱(75℃で1分間以上)すること
  • 食肉の調理には専用のトングや箸を使用し、食べる箸と使い分けること
  • 調理器具、手指の洗浄、消毒を十分に行うこと

参考資料

事業者の方へ

牛のレバーは加熱用として販売・提供しなければなりません。いわゆる「レバ刺し」の提供はできません。

取扱いにおけるポイント

  • 牛のレバーを販売・提供する場合には、お客さんに「レバーの中心部まで十分な加熱が必要である」旨の情報を提供すること
  • 飲食店でお客さんが自ら調理して食べる場合、コンロなどの加熱設備を提供すること
  • 牛のレバーを調理、加工する場合は、レバーの中心部まで十分に加熱しなければなりません。(75℃で1分間以上など)

参考資料

 お店に掲示できるチラシを飲食店用と食肉販売店用の2種類作製しています。お客さんへの情報提供にご活用ください。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所衛生課 食品衛生係
電話:086-803-1257
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。