このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  食品衛生 >  食品衛生 集団給食施設の衛生管理について



ここから本文です。

食品衛生 集団給食施設の衛生管理について

集団給食施設の衛生管理

 集団給食施設においては、食中毒等の事故が発生した場合、多数の患者が発生するため、十分な衛生管理体制を確立し、その実践が求められます。

大量調理施設衛生管理マニュアル

 本マニュアルは、集団給食施設等における食中毒を予防するために、HACCPの概念に基づき、調理過程における重要管理事項として、
 1.原材料受入れ及び下処理段階における管理を徹底すること。
 2.加熱調理食品については、中心部まで十分加熱し、食中毒菌(ウイルス)を死滅させること。
 3.加熱調理後の食品及び非加熱調理食品の二次汚染防止を徹底すること。
 4.食中毒菌が付着した場合に菌の増殖を防ぐため、原材料及び調理後の食品の温度管理を徹底すること。
等を示したものである。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所衛生課 食品衛生係
電話:086-803-1257
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。