このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  生活衛生(イベント・環境・食品・動物・薬務) >  食品衛生関係 >  食品衛生 食中毒予防三原則とは



ここから本文です。

食品衛生 食中毒予防三原則とは

食中毒予防三原則

食中毒の原因の90%以上は、細菌やウイルスによるものです。細菌性食中毒は次の三原則で予防できます。
1 菌をつけない(清潔)
 ・手洗い、消毒の徹底
  調理作業開始前及び用便後
  食品に直接触れる作業にあたる直前
  食肉類、魚介類、卵殻等に触れたあと他の食品や器具に触れるとき
  配膳の前
 ・原材料は区分し、専用容器に保管
 ・包丁、まな板等は用途別、食品別に
 ・器具、容器は使用後十分に洗浄
2 菌を増やさない(迅速又は冷却)
 ・原材料は適切な温度で保管
 ・下処理及び調理はすみやかに
 ・調理後の食品の温度管理を適切に
3 菌をやっつける(加熱→殺菌)
 ・加熱調理する食品は、中心部が75℃以上、1分以上加熱(ノロウイルスは85℃以上、1分間以上の加熱)
 ・野菜及び果物を生で提供する場合は、必要に応じ次亜塩素酸ナトリウムで殺菌
 ・器具、容器は使用後、十分な洗浄消毒
 ・手指の洗浄殺菌

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所衛生課 食品衛生係
電話:086-803-1257
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。