このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 事業者情報 >  保健所 >  動物取扱業について



ここから本文です。

動物取扱業について

動物愛護及び管理に関する法律が改正されました。

「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)及び施行規則等が改正され、平成25年9月1日から施行されました。

  • これまでの「動物取扱業」は「第一種動物取扱業」に改められました。平成25年9月1日以前から「動物取扱業」の登録を受けている事業者は、第一種動物取扱業の登録を受けたものとみなされますので、新たに登録を申請する必要はありません。登録の有効期間も変わりません。
     

  • 営利を目的としない動物の取扱いを行う「第二種動物取扱業」が新設され届出制となりました。非営利の活動であっても、飼養施設を有し、一定頭数以上の動物の取扱い(譲渡・展示・訓練等)をする者は、あらかじめ、飼養施設の所在する都道府県等への届出が必要になります。

第一種動物取扱業とは

第一種動物取扱業とは、

 有償・無償の別を問わず反復・継続して事業者の営利を目的として動物の取扱いを行う、社会通念上、業(ぎょう)として認められる行為にあたります。
 動物の愛護及び管理に関する法律(以下、動愛法)及び岡山市 動物の愛護及び管理に関する条例により登録が必要です。

 第一種動物取扱業の対象となる動物は、哺乳類、鳥類 爬虫類(はちゅうるい)です。
 ただし、畜産農業に係るもの、試験研究用、生物学的製剤の製造などのために飼養・保管されているものは除きます。※畜舎の許可が必要な場合があります。
 
 新たに第一種動物取扱業を始める方(かた)は、営業開始前に、登録を受ける必要があります。登録をお考えの方(かた)は「第一種動物取扱業の登録の流れ」をご確認ください。

 なお、動愛法改正前の動物取扱業の登録を受けていた業者は全て第一種動物取扱業者となります。
 

 第一種動物取扱業は以下の表のとおり7つの区分に分けられます。

第一種業の種別
業の種別 業の内容
販売

動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業( その取次ぎ又は代理を含む )

例:小売業者 卸売業者 販売目的の繁殖又は輸入を行う業者 露天等における販売のための動物の飼養業者 等

保管

保管を目的に顧客の動物を預かる業

例:保管を目的に顧客の動物を預かる業 ペットホテル業者 美容業者( 動物を預かる場合 ) ペットのシッター 等

貸し出し

愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業

例:ペットレンタル業者 映画等のタレント 撮影モデル 繁殖用等の動物派遣業者 等

訓練

顧客の動物に訓練を行う業

例:動物の訓練・調教業者(出張も含む) 等

展示

動物の展覧・見物、人とのふれあいを目的とした業

例:動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・アニマルセラピー業者、猫カフェ 等

競りあっせん

動物の売買をしようとする者のあっせんを行う業

例:会場を設けてのペットオークション 等

譲受飼養業

動物を譲り受けて飼養する業

例:老犬ホーム 老猫ホーム

※第一種動物取扱業であるかどうかについては、有償無償問わず、幅広く業として認められる行為であれば登録が必要になります。
 これから為されようとしている事が第一種動物取扱業にあたるかどうかについてお悩みの方(かた)は 保健所衛生課動物衛生係(下記連絡先) までお問い合わせください。

第一種動物取扱業にあたる行為を自治体に無登録で行っていた場合、100万円以下の罰金となります。
 

販売における現物確認・対面説明の義務化

今回の法改正で動物の販売業に関しまして購入者に対し、契約前にあらかじめ、その販売する動物を確認させるとともに、飼養方法等について顧客と直接対面して説明することが義務付けられました。

これまでも購入者への必要事項の説明については、文書をもって行うこととなっていましたが、今回の改正でその説明を対面で行うとともに、契約前にあらかじめ現物を確認せなくてはなりません。
この義務の対象は、哺乳類・鳥類・爬虫類の販売を行う全ての第一種動物取扱業者になります。
また、ここでいう「あらかじめ」とは売買契約成立前のことをさします。現物確認がない限り売買契約はできないということになります。

また契約前の現物確認及び対面説明が確保されるのであれば、インターネット上での広告や販売行為を妨げるものではありませんし、契約後のやりとりや輸送方法について対面を求めるものでもありません。
 

現物確認の方法について

 

カメラやビデオ、写真など、間接的な確認は一切認められていません。購入者に直接見せることが必要になります。

購入者に対する説明も同様で、直接対面で行うこととなっています。

この義務は、第一種動物取扱業者間の取引については対象から外れますが、仲介業においては、繁殖業者(ブリーダー)が一般購入者に対して現物確認・対面説明を実施したかどうかの署名の確認が必要になります。
また一般購入者から現物確認も対面説明も必要ないとの申し出があったとしても、それを実施しなければ契約自体が結べないことになりますので、購入者に対してはその旨をきちんと説明してください。
 

第二種動物取扱業者とは


第二種動物取扱業とは


 営利性のない動物の取扱いを行うもので、人の居住部分と区分できる専用の飼養施設を設置し、一定頭数以上( 下記表参考 )の動物の取扱いを業( 譲渡・展示・訓練・貸し出し 等 )として行うものをいいます。

この制度は、営利性のない動物の取扱いについても行政がその飼養状況を把握する必要があるとして設けられたものです。

例えば、動物愛護団体やボランティア団体が持つ動物のシェルターや公園等での非営利の動物の展示などが該当します。


下記表にある動物を対象頭数以上取扱いがある場合は、第二種動物取扱業にあたる可能性がありますので保健所衛生課動物衛生係(下記連絡先)までお問い合わせください。

第二種取扱対象動物と頭数
動物の分類 対象頭数
大型の哺乳類(頭胴長約1メートル以上)

大型の鳥類(全長約1メートル以上)

特定動物に指定されている哺乳類・鳥類・爬虫類
ウシ、シカ、ウマ、ロバ、ヒツジ、ヤギ、イノシシ、ブタ

ダチョウ、ツル、クジャク、大型猛禽類 等
   3
中型の哺乳類(頭胴長約50cm~1メートル)

中型の鳥類(全長約50cm~1メートル)

中型の爬虫類(全長約50cm以上)
イヌ、ネコ、タヌキ、キツネ、ウサギ

アヒル、ニワトリ、ガチョウ、キジ

イグアナ、ウミガメ、大型のヘビ 等
   10
小型の哺乳類(頭胴長約50cm以下~)

小型の鳥類(全長約50cm以下)

小型の爬虫類(全長約50Cm以下)
ネズミ、リス

ハト、インコ、オシドリ

小型のヘビ、ヤモリ 等
   50
※大きさは成体における標準的なサイズから判断する。同一動物種による大きさの違いは考慮しない。



なお、大型・中型動物を合わせて10頭以上飼養する場合や大型・中型・小型動物を合わせて50頭以上飼養する場合についても届出の対象となりますのでご注意ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所衛生課 動物衛生係
電話:086-803-1259
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。