このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  岡山市長室 >  岡山市長メールマガジン「桃太郎のまち岡山の挑戦」



ここから本文です。

岡山市長メールマガジン「桃太郎のまち岡山の挑戦」

岡山市長から市政の情報をわかりやすくご紹介する「岡山市長メールマガジン『桃太郎のまち岡山の挑戦』」のページです。
配信登録はこちらから。

岡山市長メールマガジン「桃太郎のまち岡山の挑戦」(114) 3月28日号


【IF THE SNAKE-再び現代アートで岡山のまちが染まります-】


 こんにちは、岡山市長の大森です。

 今秋、3年ぶり2回目となる現代アートの国際展「岡山芸術交流2019」が開催されます。


 実は、第1回を開催したときには、まちなかに現代アート作品が突然現れるかつてない光景に、市民の皆さんがどう反応されるか、心配するとともに、興味も覚えていました。

 始めのうちは、皆さん恐る恐る作品に接していたようでしたが、来場者が発信する口コミや外部からの高い評価を受けて、会期が進むごとに来場者が増えていき、最終的には、約23万4千人もの方々に観ていただくことができました。


 また、市民の皆さんから予想を上回る好評をいただいたことで、一部の作品をまちなかに残すことができましたし、作品を展示した会場では、オリエント美術館が前年比で157%、岡山城が127%と入場者が増え、地域の歴史・文化資源の魅力を合わせて感じていただけたことも大きな成果でした。


 そして、さらなる期待がかかる第2回。

 アーティスティックディレクターに、前回、裸婦像の頭部に大きな蜂の巣をかぶせた作品で反響を呼んだピエール・ユイグ氏を迎え、先日、同氏が考案したタイトルを、私から発表させていただきました。


 その名も、「IF THE SNAKE もし蛇が」。


 このタイトルを聞いて、皆さんはどう思われますか。

 私には、意味がよく分かりません。
 ただ、想像をかきたてられることは事実です。
 人それぞれ見え方・捉え方が違うことに気づかせてくれるのが、現代アートの魅力の一つなのではないでしょうか。


 ニューヨークタイムズが発表した今年行くべき旅行先に、「瀬戸内の島々」が日本で唯一7位にランクインしました。

 これには、瀬戸内の多島美や地域色豊かな観光資源とともに、回を重ねてきた瀬戸内国際芸術祭も大きく貢献していると思いますし、同時期に開催する瀬戸芸と岡山芸術交流が、岡山の地に現代アートを根付かせ、岡山のファンを増やす2大芸術祭として定着していくよう、今後とも努力していきたいと思います。



名称

このメールマガジンは「岡山市長メールマガジン『桃太郎のまち岡山の挑戦』」です。

趣旨と内容

  • 岡山市政の動きや市長が参加した行事、市民の皆様との交流等を紹介するとともに、それらに関する市長の所感などを発信します。
  • 市政の方向と市長の考えをわかりやすくご紹介します。
  • このメールマガジンを通じて、市民の皆様をはじめ、多くの皆様に市政への親しみと理解を深めていただくことを願います。

発行

  • おおむね月1回程度発行しますが、トピックスにより随時お知らせします。
  • メールマガジンは、登録時点以降に発行されたものが配信されます。

登録方法

  • 下記の「登録手続きをする」をクリックして、画面の説明に従って登録してください
  • その際は、配信を受けたいメールアドレスであることをご確認ください。
  • うまくいかないときは、
    reg@mobile.city.okayama.jp宛に、題名・本文ともに空のメールを送ってください。

解除方法

  • うまくいかないときは、
    rm@mobile.city.okayama.jp宛に、題名・本文とも空のメールを送ってください。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市長公室 秘書課
電話:086-803-1023
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。