このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  市の方針・計画 >  岡山市行財政改革推進プラン



ここから本文です。

岡山市行財政改革推進プラン

岡山市行財政改革推進プランを策定しました(平成29年3月)

 岡山市では、「躍動する岡山」のまちづくりを支えるチャレンジする組織と強固な行財政基盤づくりをスタートさせるため、新しい行財政改革を推進するプランを策定しました。

プランの概要

 岡山市では、平成28年3月に「未来へ躍動する 桃太郎のまち岡山」を都市づくりの基本目標とする長期構想を策定し、平成29年3月には、長期構想を具体的に推進するための岡山市第六次総合計画前期中期計画を策定しました。 岡山市行財政改革推進プランは、この長期構想及び前期中期計画のうち行財政運営に関する分野を具体的に推進する計画として策定しました。

岡山市行財政改革推進プランの位置づけ

基本理念

 岡山市行財政改革推進プランは、新たな財政需要の増大が見込まれる中、財政の健全性を維持しながら、「未来へ躍動する 桃太郎のまち岡山」の実現を支える強固な行財政基盤をつくる必要があるため、事務執行の最適化を図りながら、市民サービスの質の向上に向け、職員一人ひとりが主体的に考え、組織として実行する「工夫の行革」へと深化します。

3つの基本理念

1. 躍動するまちづくりのための財政健全性の確保
 少子高齢化の進展により、医療費をはじめとした社会保障関係経費の増加や市有施設の老朽化への対応や地震に備えた耐震化等、これから多くの経費が必要になります。そのため、今までの行財政改革の成果を土台に財政の健全な運営に努めます。

2.より良い市民サービスの提供のための工夫と仕組みづくり
 わたしたちの住む地域の課題は多種多様になっており、行政だけで解決することは難しくなっています。これからは、企業や大学、NPO等いろいろな方々と一緒になって課題に対応していかなければなりません。そのためには、わかりやすく伝わりやすい市政の情報を皆さんに届ける必要があると考えており、そうすることで皆さんとともに課題を共有し、具体的な役割分担を明確にしながら、より良い市民サービスを提供していきます。

3.市民からの期待に応えられる組織への自己変革
 前例や固定観念等にとらわれず、創意工夫で課題解決に導ける人材を育成するとともに、チームとして力が発揮できる組織への自己変革を進めていきます。

 

進行管理

 プランの進行管理のため、毎年度PDCAサイクルを回して取組の成果の検証を行い、その結果を公表します。また、その結果に応じて予算や組織の見直し等に反映し、必要に応じて取組項目の追加変更を行います。

プランを着実に推進するPDCAサイクル

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

 政策局行政改革推進室
 電話:086-803-1096
 所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
 開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
 Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。